ECサイトのパーソナライズ機能 Beta版

amazonでおなじみの「〇〇さんにオススメ」や「〇〇に興味ある人にオススメ」といったユーザーごとに最適化されたパーソナライズをAIを用いて実現できます。!

越境ECプラットフォーム Live Commerce

パーソナライズ機能で高まる顧客体験

越境ECビジネス

AIによる関連商品の自動表示

YouTubeの関連動画のように、AI機械学習を通じて商品個別の関連商品を自動表示してくれます。

インバウンドビジネス

ユーザーごとのオススメ商品

amazonでおなじみのユーザーの好みに応じて表示されるオススメ商品を自動表示してくれます。

ブランディング

AI機械学習による自動化

Google / amazon の最先端のAI Recommend 機能を利用、ユーザーがウェブサイトを利用するほどに精度が向上します。

信頼される越境EC・インバウンドソリューション

最も関連性の高い製品を自動的に表示する

Live Commerce が提供するレコメンドエンジンは世界最先端のGoogle CloudAmazon Web Serviceで利用されているAIレコメンドエンジンを2つ同時に利用しています。当社が研究した結果、「モノ」を中心とするレコメンド(関連商品)はGoogleの方が良く、「人」を中心とするレコメンド(あなたへのおすすめ)ではAmazonの方が良い結果が出ているという結果に基づき2つのレコメンドAIをハイブリッドで利用する形をとっております。

買い物客のアクセスログを解析し、パーソナライズ機能はその時点でその買い物客に最適な商品を自動的に表示します。

  • 10% セッション数の増加
  • 22% 収益の増加
  • 10% 受注数の増加

商品数・顧客数が増えるほど威力を発揮!

商品数が多く、顧客数が多くなるほどECサイトのパーソナライズ機能はその威力を発揮します。 例えば、商品数が5,000点、顧客数が120,000人のECサイトの場合、 5,000 x 120,000 = 600,000,000通りのパターンが考えられますが、これを 最適化し、ユーザーの好みを自動的にAIが割り当ててくれます。

商品数・顧客数が増えるほど威力を発揮!

顧客の好みに沿ったオススメ商品の提案は、休眠顧客の復活に期待大!

休眠顧客にメールマガジンを送りましょう。
ログインして一度でも商品を閲覧してもらえれば、
機械学習が開始され、好みに沿ったオススメ商品が提案されます。

休眠顧客の復活に期待大!

閲覧するほどオススメ商品の精度アップ

オススメ商品の精度がアップするほど、さらにPV数アップ

PV数アップで注文数もアップ、相乗効果

顧客数が増えれば増えるほど売上アップ!

業界の競合他社との圧倒的な差別化に!

世界基準のウェブデザイン

関連商品のおすすめ

「関連商品のおすすめ」レコメンデーションでは、ユーザーが次に関心を持つか、交換する可能性が特に高い商品が予測されます。この予測は、ユーザーのショッピング履歴および閲覧履歴と、現在の指定された商品と候補の商品との関連性に基づいています。下の例は、青いドレスの商品詳細ページです。「関連商品のおすすめ」モデルにより、お客様がクリックしたり購入したりする可能性の高い 3 着のドレスをおすすめとして表示しています。

この機能は Google Recommendation AI によって実装されます。

レコメンデーション モデル タイプ

あなたへのおすすめ

「あなたへのおすすめ」レコメンデーションでは、ユーザーのショッピング履歴や閲覧履歴、タイムスタンプなどのリクエストのコンテキスト情報に基づいて、ユーザーが次に関心を持つか、購入する可能性が最も高い商品が予測されます。このレコメンデーションは通常、トップページで使用されます。

「あなたへのおすすめ」機能はカテゴリページやメールマガジン配信時のコンテンツでも役立ちます。カテゴリページはトップページに似ていますが、そのカテゴリのアイテムのみを表示する点が異なります。

この機能は Amazon Personalize によって実装されます。

あなたへのおすすめ

画面幅を生かしておすすめ表示

レコメンデーションでは画面幅いっぱいに表示されます。表示件数が多い場合は、スクロールバーが表示されます。 ユーザーは次々におすすめされる商品をストレスなく、自然に閲覧することができます。

ローカリゼーション

自分に合うものを選びたいZ世代
パーソナライズ志向

Z世代(1996年~2012年生まれ)は新聞広告・クーポンつきチラシには、まったく興味がありません。

彼らが目にするのは個々に合わせて高度にカスタマイズされた広告です。何かをネット検索した数秒後に関連する広告が出現することが不気味に感じられた前の世代に対し、Z世代は高度にパーソナライズされた広告を当然視しており、むしろターゲティングされていない広告には目もくれません。 つまり、ECサイトと言えば、高度にパーソナライズされていることが当たり前となっています。

ダウンロード販売

フルマネージドサービス

Live Commerce が提供するパーソナライズ機能はフルマネージドサービスです。アクセスログの収集から機械学習の設定、実際のおすすめ商品の表示まで、すべて当社のエンジニアによって設定・管理をさせていただきます。お客様が複雑な設定を学習していただく必要はありません。

フルマネージドサービス

安全性 ISO27001 / ISO9001

Live Commerce が提供するパーソナライズ機能は情報セキュリティのためのマネジメントシステム国際規格である ISO27001およびソフトウェア品質管理の国際規格である ISO9001認証ソフトウェアです。また、外部監査による脆弱性診断を定期的に行っています。大手企業様でも安心してご利用いただけます。

安全性 ISO27001 / ISO9001

システム動作仕様

レコメンド機能 表示される画面 レコメンドエンジン 表示されるデザイン
関連商品のおすすめ 個別の商品IDに基づく商品画面 Google Recommendations AI Google Recommend AI スクロール形式
あなたへのおすすめ 全ての画面で利用可能 AWS Amazon Personalized スクロール形式
閲覧履歴に基づくおすすめ 全ての画面で利用可能 Google Recommendations AI Google Recommend AI スクロール形式
データ収集方法 システム実装費用 メンテナンス費用
アクセスログから収集 初期費用に含まれる 月額費用に含まれる
初期費用(税込) 月額固定費用(税込) 従量制課金費用
お見積り 50,000円~ レコメンドエンジンの課金仕様に基づきます。
Google Recommendations AI
Amazon Personalized

* 月額費用は、固定費+従量課金費用となります。

導入前のよくある質問

当社のアカウントで運用しますので、必要ありません。

本サービスはLive Commerce利用者様のサービスとなっております。
他のECサイトプラットフォームではご利用については、2022年7月時点ではご利用いただけません。
今後、プラットフォームを問わずご利用できるようにシステムを調整しております。

パーソナライズは、実際のアクセスログを元にサービスが提供されるため、 本番のECサイトでないと動作を検証できない仕様となります。
GoogleやAmazonでもお試し版の提供は行っておりません。 有償で最低1ヶ月実装していただき、成果をご確認いただく形になります。

はい、可能です。
ご希望の位置に、自然な形で表示させることができます。

学習

ECサイトのパーソナライズについて、学習できるをリソースを紹介します。

AWS
AWSを学ぶ

AWS 初心者向けの大規模イベントです。
ゼロから AWS を知りたい方や、Web アプリケーション開発、機械学習、コンテナ、サーバーレス、分析などの AWS サービスを基礎から学びたい方は必見です。


公式サイト
Google Cloud Platform
Google Recommendations AIを学ぶ

Google が提供する最先端の機械学習モデルによって強化された Google のレコメンデーション技術を学習します。

公式サイト
外部サイト
Amazon Personalize vs Google AI Platform

Amazon と Google の各AIについての特徴を比較した記事です。

外部サイト
YouTube
Amazon Personalizeの紹介

Amazon Web Services Japan が提供するYouTube公式サイトでのAmazon Personalize解説動画です。

外部サイト
YouTube
What’s next for personalization on Google Cloud

Google Cloud が提供するYouTube公式サイトでのRecommendations AI解説動画です。

外部サイト
YouTube
家具 IKEAの事例紹介

IKEA Retail(Ingka Group)では、Recommendations AI によって eCommerce のグローバル市場における平均注文額が 2% 増加...

外部サイト

お申込み

Live Commerce の管理画面より、追加オプションのページからお申込みください。

ECサイト パーソナライズの申込