Live Commerceファーストクラス - 中国越境ECサイトに完全対応

ファースクラスでビジネスの時間を節約

Live Commerceファーストクラスは中国越境ECサイトに完全対応したプランです。 同時にビジネスの時間短縮・最短でのビジネス課題解決を優先します。

中国越境ECサイト - 中国大陸からのアクセスに最速のサーバ環境

日中間のインターネット回線は年々混み合っており、中国向けに越境ECサイトを行う場合、中国本土からのサイトの表示速度遅延は大きな売上損失や離脱率へ繋がってしまいます。

結果レビューファーストクラスのプランでは中国最大のインターネットインフラ企業である中国電信(Chinatelecom)の回線をご利用いただくことが可能です。中国向け越境ECにて独自型サイトを運用する場合は最速のサーバ環境をご提供します。

中国電信の回線スピードのテスト結果レビュー

中国へ最速のサーバ環境

最短でビジネスをスタート

最短でビジネスをスタート

ご入金後、最短3~5営業日※1で開店が可能です。通常、1ヶ月程度かかるECサイトの開店準備ですが、ECサイト運用のプロが開店に必要なコンテンツをお客様へヒアリング、運用に必要な完璧な設定を行います。コンテンツの翻訳も当社が行います。
お客様はロゴマークや店舗紹介用のコンテンツを日本語で提示していただくだけで、開店準備は専門家にお任せください。

見込み客の開拓支援

ファーストクラスのお客様には顧客開拓を支援します。お客様のビジネスストーリーを当社が運営するDiscovery Japan やブログ、当社とネットワークのあるインフルエンサーを活用して強力にアピールいたします。これは1度のみではなく、毎月行いますので、ファーストクラスのお客様が必要とする見込み消費者開拓を強力に支援します。
見込み客を開拓するにはビジネスのストーリーが必要です。ストーリーは日本語でご用意ください。

最短で見込み消費者を開拓

最短のビジネス課題解決

最短のビジネス課題解決

ファーストクラスのお客様のビジネス上の課題解決をLive Commerce開発チーム主要メンバーが最優先で行います。具体的には課題解決に必要なシステム要件・技術要件の検証を行います。当社はお客様のビジネス経営メンバーへ適切なシステム投資判断ができるように支援します。システム投資判断には、初期費用の回収ベースや、運用コストのシミュレーションなど、単なるシステム開発をコストとして認識するのではなく、システム開発をビジネス投資として有益かどうかを経営者目線からアドバイス・サポートします。

最短のサポートタイム・専用サポートデスク

ファーストクラスのお客様は専用のサポートデスクにて、優先的にサポート対応いたします。

例えば、ビジネス上の課題解決や操作方法、ソリューションパートナーの紹介、必要に応じて専用のウェブ開発チームの作成まで対応します。サポートはメール・電話のどちらでも可能です。(電話は9時から15時まで)

最短のサポートタイム

上記の他、ビジネスクラスのお客様には以下のサービス、及びツールが無償でご利用いただけます。

※1、開店代行サービスをお申し込みいただいた場合に限ります。
※2、サポートの内容に応じて、メールまたは電話は最適な手段で行います。電話サポート時間は平日9時から15時までとなっております。
※3、メールは平日9時から17時までとなっております。
※4、サイトを追加する場合には、独自ドメイン取得費用・SSL証明書取得費用が別途必要となります。

費用

北米回線対応

ASPライセンス費用(初期費用)

334,769円

+

1ヶ月につき

50,000円

 

合計

384,769円

で始められます。

お申し込み

オンライン見積り資料請求

ディスク容量無制限

月間転送量(※)無制限

中国回線対応

ASPライセンス費用(初期費用)

334,769円

+

1ヶ月につき

75,000円

 

合計

409,769円

で始められます。

お申し込み

オンライン見積り資料請求

ディスク容量無制限

月間転送量(※)無制限

中国回線+CDN対応

ASPライセンス費用(初期費用)

334,769円

+

1ヶ月につき

100,000円

 

合計

434,769円

で始められます。

お申し込み

オンライン見積り資料請求

ディスク容量無制限

月間転送量(※)無制限

※1、開店代行サービスをお申し込みいただいた場合に限ります。
※2、サポートの内容に応じて、メールまたは電話は最適な手段で行います。電話サポート時間は平日9時から15時までとなっております。
※3、メールは平日9時から17時までとなっております。
※4、サイトを追加する場合には、独自ドメイン取得費用・SSL証明書取得費用が別途必要となります。

page top